Search this site
If you wish , I dive in the sea and become a breathing-free diver.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
てんてき!
下の記事、かーらーのー!です。
こっちを書こうと思ってたのに、5日分書いたらえらい時間が掛かった。

だいどーげー期間中(31日は除く)は、控え室は寒い、歩き回って体力は使う、屋外は砂埃が舞い上がりまくる、と言う喘息持ちには最悪なコンディションでした。
4日目、逃走した、と書きましたけど、1日中喘息発作で咳が止まらなかったのもまた事実でして。
昨日5日は坊ちゃんを病院に連行したので自分の方は病院に行けず、で。
昨日はもうホント酷かったです。
咳き込みすぎて呼吸困難になって酸欠状態、頭はくらくらするし、咳き込みすぎて吐いたり。
発作止めも2回使ったけど、そんなに長続きしないし、吐いた後暫く立ち上がれなくなって、「これ救急車レベルなのかなー…」とぼんやり思ったり。

で、流石に今日病院に行って来ました。
なんか昨日よりは調子良いんだけど、どうしよう…朝の発作を予防するクスリ(寝る前に飲むんですが、これ)がまだ効いてるのかな…と。
いやいや、何を心配してるんだ、調子良くなって来たなら良いじゃないか、と思われるでしょうが。
来週姉様の結婚式なんですよ!!!
大事な姉様の大事なお式で、こんな引き攣ったような咳が出るような状態だとか、もう二度と顔を合わせられない!!
(ちっとの発作なら吸入して治めますけど、引き攣った咳は流石に周りにも自分もまずい)
と言う事で、今日は点滴をして貰おう、と思っていたんです。
うん、でも大丈夫でした。
努力肺活量…これを測るのをスパイロメーターと言うらしいのですが、いつもは300〜400出るんです、単位が分かんないですけど。
でも今日は「じゃあ思いっきり吸ってー、一気にフッ!て息吐いてね」と言われて、やったんですけど、息を吐く時にめっちゃくちゃ咳き込んでしまって、130だかしか出ませんでした。
「いつも400とか出るのにねぇ。苦しかったでしょう」と言われ、「咳き込みすぎて吐いたり、酸欠で頭くらくらになったりしてました…」ともうげっそりした状態で答えました。
過去記事によると、予防の為に毎日やる吸入だけでなく、発作時の吸入を初めて処方して貰った、記念すべき日ですら、280あったようです(これはPのドームRPの後でしたねぇ…)。
聴診器で胸の音聞かれてる時も、深呼吸したら思いっきり咳き込んで大変でした。
「胸の音もゼーゼーいってるし、点滴打っときましょうか。ね」と。
よっしゃー、「あーお願いします。あと日曜日に友人の結婚式があるので、発作が出るのはまぁしょうがないんですけど、この咳が続くのだけはどうしても日曜までにとめたいんですけど…」と言ったら、咳止めも処方されました。
ついでに、もし良くならないようだったら、木曜か金曜にもう1回来て点滴するよー、と言う言質も取ったー。
今回ばかりはクスリしっかり飲まねば!!

で、点滴ですよ、てんてき!
多分小さい頃にならした事あるんだろうけど、記憶には無いので、ほぼ初点滴!です!!
なんか嬉しい!とても!!色んな意味で!!
看護師さんに「横になって点滴する?苦しくなっちゃうなら座ってやろうか?」と聞かれたので、まぁ座ってた方が苦しくないだろう、と思って、座って点滴。
…なんかこうビジュアル的に変な感じしますが、座って点滴は。
「じゃあ始めましょうか〜」と言われたので、両腕まくって「どっちの腕でやります?」と自主的に聞いてみた(爆)。
「そうね〜右の方が血管出やすいかなあ。バッグはどっちの腕で持つの?」と聞かれたので、「左です」と答えたら、「じゃあ右にしましょうか」と。
やっぱ右の方が血管出やすいんだなーうち(もしかして利き腕の方が出やすいの?)。
肘の上の方をぎゅーっとやられて(あれ名前なんだっけ…)、消毒して、針刺すのをガン見して、点滴開始〜。
看護師さんが「この点滴は、生理食塩水にステロイドが入ったもので、大体15分くらいで終わるからね」と。
…最近は点滴の種類と言うか、薬剤の名前まで説明するの?
ま、良いですけど。
処置カートの下段に一杯積まれた雑誌を指して、「終わるまで雑誌でも読んでる?」と聞かれたんですが、「あ、いや、ぼーっとしてます。ありがとうございます」(実際は点滴をガン見したかったのですが)と言ったら、「そうねぇ、昨日は苦しくて夜眠れなかったでしょうしねぇ」と。
…なにこの看護師さん、やたら優しいんだけど!!!(どういう驚きだよ…)
アレだ、仕事してた時にやたらえらっそーな看護師ばっか見てたからな…。
そんな感じで点滴を上から下までうっとり眺めつつ、15分経っちゃいました、短いー時間の流れが速いー。
「血が止まってないから5分くらいテープの上から抑えててね。今日は出来るだけ右腕では荷物持たないようにしてね」と言われ、「ありがとうございましたー」と処置終了。
「点滴終わりましたカード」なるものを会計に渡すように言われていたので、会計に出したら、「あ、はーい。もう会計出来てますよ」と。
なんとも効率良いな、この病院。
お金払って、ありがとうございましたー、で終了。
ご飯食べて帰って来ました。

やーやっぱり点滴とか採血とか好きだなぁ!
posted by じゅん | 00:58 | 徒然 | comments(0) | - |
4日目逃走
まずだいどーげーの事を書かないと意味不明そうなので、まとめてそれも。

31日はぷれびゅーしょーのお手伝いに行って来ました。
ビラ配りはめんどくさいし苦手だけど、ぷれびゅーの時だけはケータリングであったかい晩御飯が出るので、それ目当てで(あとちょっとでも観れたら良いなぁと…)。
で、行ったら、シフト表に名前が無い。
うーわ、なにこれ、どんな嫌がらせだよ、と思ってたら、あしすたんとでぃれくたーの名前まで漏れてました。
その割に、ビラ配りするはずのじいちゃん委員さんのシフトに別の仕事が入ってたり、途中でメイン会場のステージ準備に行くねーさん委員のシフトはフルで仕事入ってたり。
まぁウチの室としては、じいちゃん委員の前半の仕事をうちがやり、ねえさん委員の後半の仕事をうちがやれば丁度良いので、特に問題は無かったんですが、毎年ながらぷれびゅーは段取りがいい加減だな…。
ぷれびゅーは殆ど観れずでした。
でもケータリングがめっちゃ美味かった…!
あんなにホタテがごろごろ入った中華スープ食べた事無いっ!カニも本物だし!!(←)
ま、31日はそんな感じでした。

1日、大会初日。
今年も8時半集合と言う鬼畜スケジュールでした(仕事は10時過ぎないと無いのに…)。
で、今年はですね、じーちゃん委員の知り合いのじじばばが大量に参加してまして。
…だいどーげーを観に来た事無い連中が。
こいつらがもう大問題でもう!!
全体説明会の時点で、AD(Dは仕事で不参加)の話の腰を折りまくって…順を追って説明してるのに、自分が分からないところがあると、ADが喋ってても「これはどう言う事だ」「○○って何だ」と好き勝手に喋る喋る…。
ADはもう切れる寸前、って感じでした…見てるこっちまで顔が引き攣ったわ…。
…で、話を1日に戻しますが。
大会期間中もじじばば連中は始終こんな調子だった…!!!
DだかADが作業の説明をしてる時にも説明会と同じ調子だったので、うちもイライラして来て「あのー、順を追って説明してるんですから」と氷点下の眼差しと声で言ったんですが、そしたら「いや、それはおかしい」とジジイが言いまして。
「こんのクソジジイ、何処がおかしいのか分かり易く具体的に俺が納得出来るように説明してみやがれ!!!」と心の中でブチ切れました。
とりあえず午前中はADに点呼のお手伝いを頼まれたんで、2人で分担してやってました。
終わって、とりあえず仕事がなくなったので、色々お話してて、早くもうんざりした調子で「あの人達やる気だけは満々ですよねー、あの元気なおじさんたち。名前全然覚えられないけど」と言ったら、「名前なんか覚えたくもない!!」と言い切ってました、AD…やっぱ切れてた、この人…。
午後は作業に外に出たんですが、なんと会場入り口でまさちゃんがビラ配りのバイトしててびっくりした!!!
でも久々に会えて嬉しかったわー。
夜はまた作業のペア(2人1組での行動)を変えたんですが、説明会でやたらADに絡んでいた(ようにしか見えない)おっさんとは絶対組みたくない!!とDにこっそりお願いしたら、おばちゃんとペアにしてくれて安心しました…。
そして作業が終わる頃には19時過ぎ。
くっそ寒い中、これまた風通しよすぎる控え室のテントに戻ったら、ストーブつけておいてくれて、缶のお茶もその上に乗っけてあっためておいてくれて嬉しかったー(缶を火に掛けるのは危険だが)。
初参加のじじばばが、ぶっちゃけ嫌い、と言うとこで微妙に意気投合したようなADは、ちょっとストーブから離れた場所に座ってた俺に「こっち座りな〜ストーブ近いからあったかいよ」と、自分の隣に座りな〜と呼んでくれました、ありがたい!
夜も点呼を手伝ってたところ(これは本来じっこー委員の仕事なのだが、確か)、Dが「あー、ウチの室も当ボラさんは全員帰ってますね、マル…」と言ったので、「いやいやいや、うち当ボラですよ。残ってますからマルじゃないっすよ」と言ったら、DとAD、じいちゃん委員に爆笑されました。
ま、1日はそんな感じ。

2日はお休み。

3日。
この日が大問題だったんです。
ADは朝だけは来たけど、仕事で1時間くらいで帰ってしまいました。
Dは仕事の都合で午後から参加の予定。
ねーさん委員はこの日が大会期間中初参加日。
…つまり、じじばばとうちがやる作業について、1番分かってるのがうち、と言う事態。
ねーさん委員は分からなくてほんとに困ってたし、この人は「じゅんー行って来るぜー」と声掛けてくれたり、「じゅんさん」と名前で呼んでくれたり、割と仲良いので、ねーさん委員はほっとけなくて、結局うちが作業の説明をじじばばにしました。
…で、また説明の途中で自分が分からない事はこっちが喋ってても大声で遮って話の腰を折る訳で!!!
そもそもじっこー委員にすらちゃんと説明がなされていない状態で、DもADも居ないと言う無責任にも思える状況にもイライラしてたので、じゅんさん、ここでぷっつん。

「す!み!ま!せ!ん!が!!!今はワタシが説明をしています。分からない点はある思いますが、それは説明が一通り終わってから質問してください。ひ!と!り!ず!つ!…よろしいですか?…はい、では続けます」

と、若干でかい声で。
ADもDも出来た大人ですから、イライラした雰囲気は漂わせてはいたけど、声を荒げる事はしませんでしたが、うちはどうしようもない人間なので、ぷつんと逝ってしまいました。
流石にちょっとびびったか、もしくは引いたのか知りませんが、途中で口を挟むヤツは居なくなりました。
これが今年の大会期間中の個人的には1つ目の問題点。
作業がある人を送り出して、ねーさん委員と2人、尽きる事が無い愚痴をこぼしつつ、この日も朝の点呼作業。
「もう大会終わったら2人で飲み行きましょう!愚痴りまくりましょう!!」「良いねー行くか!」まで話が行きました。
さて昼前にDが出て来ました。
なんか、遅れた理由が、「昨日仕事の付き合いで…二日酔い」だとか。
うちとねーさん委員が朝どんだけ大変だったのかも知らないで、真偽は分かりませんが、昼から参加の理由が二日酔いですか、室長様。
ちょっとここでもイラッと。
それでもまぁ報告はしないとならないので、朝の作業説明はうちがやった、あと人数が奇数なので1組だけ3人で回って貰ってる、時間的にノルマの回数は無理だったので、昼食直前の1回分は削った、と報告したんですが…。
とりあえず「あーありがとうございました〜!」とは言われたんですけど、「でもやり方がまずい」みたいな事を言われまして。
何度も書きますけど、うちとねーさん委員はホントに冗談抜きで朝大変だったんです!それでもテンパりつつ必死にやったんです!!
確かに!確かに今考えれば集客ピーク時に近い時間を削ったのはまずかったと思いますけど、あの状況では無理です!!
委員が手順分からないから(ねーさん委員を悪く言っている訳ではなく、委員ですらしっかり理解していない、完全準備不足の状態であった、と言う意味です)当ボラのうちがどうにかこうにかやったのに…情けないやら、悔しいやら…。
2つ目の問題点がここでした(こっちのがでかい)。
午後はねーさん委員と作業に出ました。
そしたら6、70代くらいの女性が倒れてるところに遭遇してしまいました。
既に某ショッピングビルの警備員さんが119番通報した(と無線で言ってるのを聞いた)後で、近くのポイントからもスタッフが2人付き添ってる状況でした。
意識はある、怪我も無いけど、ちょっとろれつが回らない感じと言うか。
一応AED講習は受けたけど、まさかホントにこう言う事態に遭遇するとは思ってなかったので、かなり焦りました。
ねーさん委員が「場所をもうちょっと道の端に移動させましょう」と言って(流石冷静です)、うちも片足を持ち上げて、移動させて。
他に何をすれば良いんだ、何なら出来るんだ、と必死で考えて「救急車呼んだんですよね?」と誰にともなく聞いたら「呼んだ呼んだ」と返って来たので、「この場所だとどの道から救急車来るんでしょう…あっちの道路ですかね」「多分あっちだろうね」「じゃあ自分そっち行きます」と、救急車の誘導に行きました。
人が倒れてるところは歩行者天国なので救急車は入れない。
と言うかもしかして緊急車両は入れるのかもしれないけど、人込みがとんでもない事になってたので、入るの無理な状態。
なのでスクランブル交差点を横切る道路の方へ行って、救急車を探してたら、来ました。
が、所謂白い、救急車と言うより、真っ赤な消防車に見える…けどサイレンは鳴らしてるし…。
(後でじーちゃん委員に聞いたら、最近はどんな119番要請でも救急車と消防車はセットで出動するらしいです。なのでうちが見たのは確かに消防車だったっぽい)
とりあえず緊急車両に違いは無いので、スクランブルを渡り始めた大勢の人たちに「緊急車両が通りますので、横断をやめてください!!」って叫んだんですけど、みんな「え?」って感じで一瞬は止まるんだけど、周りの人が歩き出すと、叫んでも全然ダメ。
集団心理って恐ろしいです。
まぁ消防車が近付いたらみんな止まりましたけど。
それでも消防車が明らかに減速して来たので、帽子振って合図して、消防車到着。
警備員さんと一緒に「道開けてください!!」って叫びながら、倒れてる人のところへ。
…行ったら、野次馬が…。
かなり初めの方からずっとついててくれたお姉さんと、倒れた人の旦那様に「申し訳ないんですけど、立っていただいて、周りから見えないようにしてあげてもらえますか」とお願いして、自分もスタッフジャンパー脱いで、倒れた人が人の目に晒されないようにしてました(旦那さんは凄く心配だったろうにちょっと失礼だったかもしれない…)。
結局命に別状がある訳ではなさそうだけど一応搬送、と言う事になって、後から来た救急車のストレッチャーに乗せられて、病院に行かれました。
…どっと疲れた、と言うか何と言うか、びっくりした…。
自分が倒れて救急車乗った事はあるけど、人が倒れてるとこに遭遇したのは人生初だったし。
ま、そんな感じで、午後の作業は遅れましたが、途中でDが来て代わってくれたので、ねーさん委員と控え室に帰りました。
そして夜(夜ってこの場合午後だろ、とか言わないように)の作業は、うちより若い大学生のオンナノコとペア。
ひじょーに真面目そうな、しっかりしたコで、こんな事前準備もしっかり出来てないような部署で作業する事になって気の毒に…と思ったり。
で、その日は終了。

終了したんですけど。
解散したら、急に問題点2つ、特に2つ目の方が物凄いもやもやして来て。
なんであんな風に言われなきゃならないんだ、とか、そもそもこの作業の案って大会1週間前の雑用の時に初めて聞いたんだけど、4月5月から活動してるのに、とか。
情けない、と言うより、理不尽!悔しい!腹立たしい!の感情が大きくなって、家に着いた頃には「明日行きたくない…」状態でした。

4日。
寝る前から既に「4日はもう集合時間には行かない…行くとしても遅刻して行く」と決めてたくらいで。
結局連絡せずに欠席してしまいましたー。
お前またかよ、と言う声が聞こえないような聞こえるような…。
ねーさん委員からは「大丈夫?」と言うようなメールが来てたんですけど、起きたの夜だったので(と言うか昼間はあえて寝てた)気付かず。
それでも日付が変わる前に、ねーさん委員にだけは「すいません、逃走しました。3日で色々限界でもう無理でした。迷惑掛けてすみませんでした」とメール送信。
Dには翌朝「連絡無しで欠席してすみませんでした」メールを送信。

そんな感じで、ひじょーに後味の悪い大会でした…締まらない…。
ねーさん委員は怒ってるかなぁやっぱり…と思ってしょんぼりしましたが(まさに自業自得)、何回かメール交換して(「当日はごめんねー」「ご迷惑おかけしました」の応酬と、愚痴のメール)飲み会はやろう!と言う話はなくなってなかったので、まぁ良かったです。
実現するのか謎ですが(ねーさん委員、忙しいからなぁ)。
ちなみにふぁいなるぱーてぃーの時に、例のじじばばに「説明が分かりにくかった」とねーさん委員が言われたそうです。
DもADも居ない時に(これ絶対その時を狙って言ったと思う)。
切れました。
その場に居たら罵詈雑言を浴びせかけてビールぶっ掛けてやってたのに!!!
後味悪すぎです、半年以上前からやってたのになぁ〜…。
posted by じゅん | 00:07 | 徒然 | comments(0) | - |
ネコ様病院搬送
朝見たら、うちの坊ちゃん(プーちゃんです)のお尻の穴が2つあったんです!!!!

びっくりして、捕まえて、父親と見てみたら、本来の穴(…)の横に、なんか傷?のようなモノが…。
何処で怪我したんだ!って言うか怪我なの?これ…。病気か!?
と、朝ちょっとしたパニックになりまして、結局父親が帰宅したら坊ちゃんを病院に連れて行こう、と言う事に。

うちは今日風邪っぽいのか、喘息が酷いのか、両方なのか、とにかく咳き込みまくってたので、上半身起こして布団の中で本読んでたら、坊ちゃんがお昼寝にやって来たので、その隙にちょっと患部を見てみました(あんま見たい場所じゃないけど仕方ない、坊ちゃんの為です)。
なんというか…皮がむけて、中が見えてる…(汗)。
ネットで調べてみたら、「肛門嚢の炎症・破裂」とかがヒットして、画像見たら、坊ちゃんの患部と良く似てたので、多分これだろーなー…と思って、一応父親に「多分こういう病気(?)だと思われる」とメール。

で、父親が帰宅したところで病院に…連れて行こうとしているのを坊ちゃんは察しているのか、逃げる逃げる。
なんとか捕獲してケージに入れて、車に乗せて病院へ。
なんとも情けない声で終始鳴いてました。
まぁ車最近乗って無いし、行く場所も見当付いてるだろうから、鳴きたくもなるわな…。

そして診察ー。
…びびっちゃってケージから出て来ない往生際の悪い坊ちゃん。
でっかいわんこなんか、尻尾振って診察室入ってったぞ!?
診察台に乗せられてもなんとか逃げようとする坊ちゃん…「この人(獣医さん)やだ!!」とばかりに、うちやら親にしがみ付いて来る坊ちゃん…。
で、先生の見立ては、うちの予想と同じでした。
「あー破裂しちゃってるねえ」と。
「プーちゃんは錠剤飲める?と言うか飲ませられる?」と聞かれて、今まで飲ませた事ないし、どうだろう…と思ってたら、「ネコちゃんは大体クスリ飲むの苦手ですからねぇ。注射にしましょうか」と言う事で注射になりました。
とりあえず1週間くらいしたらもう1回見せに来て下さい〜との事でした。
ネコは傷の治りが驚くほど早いらしいです、へー。
ちなみに患部が患部だけに、エリザベスカラーは付けずにすみました。
どうも足とかそう言うところの傷の場合はつけるらしいです。

そんで帰宅した訳ですが、暫くの間、坊ちゃんは人間不信状態に…(苦笑)。
今はもう通常通りですけど。
獣医さんが「破裂した時は本人(人?)相当痛かったと思いますよー。何が起こったのか分からなかっただろうし」と言ってました。
…そうだよねー…プーちゃんは喋れないもんなあ…。
喋れない分、人間がしっかり見ていてあげないとダメなんだな、と改めて実感。
うちもだいどーげー期間中なのであんまりプーちゃんに構ってあげれなかったしなぁ…。

とりあえずとんでもなく重大な病気!ではなくて安心しました…。

***

だいどーげーネタはまた後日。
今回は最悪だったよもうマジで!!
うち土曜に色んな事にキレて、日曜日ブッチしましたから。
ファイナルに出れないより、土曜の色々の方が比重がね…。
posted by じゅん | 01:40 | 徒然 | comments(0) | - |
商店街の靴屋
先日ネット通販で注文したブーツが届いたんですが、ちょっと…いや、かなり大きめだったので、近所の靴屋にインソールを買いに行きまして。

行った時にはうちの他にお客さんも居なくて、色々な種類のインソールを紹介(?)してくれたんですけど、問題はその後。
お年を召した老夫婦がお店にやって来ました。
旦那さんの方は、うちがレジのところでインソール(だと認識していたかどうかは定かではないけど)を選んでいたので、「ああ、そちらのお客さんを先にやってあげてください」と言ってくれたんですが、店員のおばちゃんが、その老夫婦が来た途端に、うちの方はほっぽらかしで、そっちに行っちゃいまして。
「おい、うちのインソール、まだどれにするか決めてないんだけど」と思いつつ、少し待ってたんですが、全然店員のおばちゃんが戻って来なくて。
そりゃこの靴屋、どっちかって言うと若い人向けじゃなくて、中年、高齢のお客さんが多いのは知ってましたけど、先に来た客をほっぽって、老夫婦の方に付きっ切りになる、と言うのが非常にイラ付きまして…。
結局、その店ではインソールは買わず、店を出る時も、店員に声の一つも掛けずに出て来ました。

もーこの店では買わない、決めた。
呉服町辺りで、若い人向けの靴屋さんでインソールを購入します。

ほんっとイラついたわ。

posted by じゅん | 02:11 | 徒然 | comments(0) | - |
9/27 お屋敷
9月の頭に27日東京行きの相談をして、「ライブの前に行きたいとことかある?」「お屋敷でも行っとく?」となりまして、お屋敷へ。
ちなみに今回はまやちょんが予約してくれました。
…うちの誕生日特典付きで。

お屋敷の階段前に2組くらいのお嬢様方がかたまってたんですが、「何だろう…」と思いつつ、10分前くらいに階段下りて、椅子に座って待ってました。
…その時に総合火力演習の話題で盛り上がってたとかね…(爆)。
ソファーに移動して、「ではお嬢様、こちらのドアから…」と言われて「お帰りなしゃいませ!」と迎えられたんですが、その「なしゃいませ!」はKシマしゃーん!ではないですかー!
(やっと執事さんも、Kシマしゃんは覚えた)
そしてフットマンさんは、多分初めて担当してもらうAヅマさん。
「本日お誕生日のお嬢様はどちらで…?」「あ、ハーイ」「おめでとうございます!後程ご挨拶に伺わせて頂きますので」と、席に案内されましたが、ソファー席でした、らっきー。
…まやちょんと行くとソファー席率、今んとこ100%なんだが(2回しか行ってないけど!)。
他のお嬢様方の様子が気にならないのがありがたいし、バッグを自分で取って中身漁れるのが良いんですよね、ソファー席。
メニューの案内をして貰って、「何かご質問はございますか?」と聞かれたので、初めて「本日のケーキ、シュークリーム、ジュレは何ですか?」と聞いてみましたー。
ヴィクトリアは絶対食べきれないし、デザートプレート+スコーンでもちょっと厳しい…と言うか今月のデザートプレートにあんま惹かれない…と言う事で、初めてアンナマリアにしてみました。
スコーンは確かプレーン、コンフィチュールは季節のコンフィチュールとクロテッドクリーム、英国風のキッシュ。
お茶は迷ったけどランカー。
まやちょんはキングリアにしてました。
まやちょんのお茶は…覚えてない…。
で、「ねぇねぇ、ライブで『かんぱーい!』って声が入ってる曲あるし、お酒飲まない?」と誘って、カフェ・ドゥ・パリ(マスカットだっけか)も注文。
ちなみにオーダーの時に「カップはどうされますか」的な事を聞かれなかったんですが、暫くしたら聞きに来てくれました。
お任せしたんだけど…そりゃ任せたけど…選んでくれたカップはウェッジウッドのワイルドストロベリー・ブルーム・ピンク、まやちょんはイエローでした。
…似合わねー!!!
よりによってうちにピンク持って来るか…Aヅマさん…。
今度から「ピンク系と花柄以外のでお任せ」と言おうかしら…(真剣)。
あれ、先に紅茶だったっけ、お酒だっけ…ちょっと記憶が曖昧ですが、お酒だったような気もする…。
「これ絶対ライブでやるから!行くよ?『今日と言う日に、かんぱーい!』」ってやりました(笑)。
まやちょんが「あ、これ美味しいー!」と言ってくれたのは嬉しいんですが、「これ一応ワインだから…。アルコール度そんなに低くはないはずだから気を付けてよーライブ中に頭痛くなったら大変だぞー」と。
お酒弱いらしくて、すーぐ頭痛くなるらしいので、彼女。
あー多分先にお酒飲んだんだな、空きっ腹に効く!とか言った気がするし。
紅茶は前もオーダーしたランカーでしたが、やっぱり美味しかったです。
でもちょっと癖が無さすぎるかも…今度はやっぱ他のに挑戦してみようかなぁ。
お喋りしてたら、キングリアとアンナマリアが運ばれて来まして…相変わらず胡椒挽くやつでかいな…うちはスコーンから。
確かこの辺りで、Kシマしゃんとフットマンさん2、3人がやって来て、「お誕生日おめでとうございます!」があったような…。
「お嬢様の1年が、友情と愛情に満ちた1年になりますように」とKシマしゃんが。
しかし2度目でも恥ずかしいね!!ソファー席で良かったマジで!!
その後も、テーブルの上にメッセージカードとプレゼント(と言うか茶葉)置いておいたので、見かけたフットマンさんたちに何度もお祝いの言葉を頂きましたー。
テンパって、一応「お嬢」なのに「光栄ですー」とか「うあ、恐縮です」とか言ってました、俺。
で、スコーンですが、やっぱり美味でした。
でも季節のコンフィチュールが、キウイ&ライムで、酸味が結構強くて、ちょっとハズレかなーと個人的に。
まずくはないんですけど、勿論、ええ、でももうちょっと甘いの選べば良かったかも…。
キッシュは案の定バラバラになりました…美味しかったんだけど、もうちょっとこう上手に食べられないものか、俺…。
あ、そう言えば丁度シフト交代の時間を挟んだ予約時間帯だったので、途中で執事さんがKシマしゃん→Sバさん、フットマンさんがAヅマさん→Yナギさんに。
うちもまやちょんも、「執事さんはKシマしゃんが良かったけど、フットマンさんがYナギさんが良かった」とお出掛け後に意見が一致(爆)。
Aヅマさん、何かこう、淡々としすぎてて。
Yナギさんは、うちがまやちょんにPの新曲がどんな雰囲気かを必死に伝えようとして、「あ、そうだ、『こじんまり!!』」と言ったところにすっと入って来て「こじんまり、ですか?何かこじんまりしたものがありましたか?」と聞かれまして、「えーっと、ある曲の雰囲気を表現したら、『こじんまり!』って感じかなーと思って」「こじんまりした曲ですか…。穏やかな感じの曲でしょうかね?」「あー、と、言うよりも、演奏する楽器の数が少なくてこじんまり、と言うか」「ああ、なるほど、そう言うこじんまりですか!」とか。
そしてデザートですが。
お皿に「HAPPY BIRTHDAY」とチョコで書かれてました。
これ前も凄いなー!と思ったんだけど、「スプーンで削っちゃうのも勿体無い気がするよね」「でも何も触れてないとそれも何かねぇ…」と2人して悩みつつ、結局★の部分を数箇所スプーンですくって食べました(笑)。
アンナマリアのプティ・デザート3種くらいが丁度良いなーうちには。
シュークリームは確かピスタチオのクリーム、ジュレは林檎のジュレ、ケーキは…忘れた…。
どれも美味しかったです、ジュレが特に。
今回は「まだ食べきってないのにお出掛けの時間にー!」はならずに、食べきれました。
逆に紅茶がちょっと残ってるくらいで。
したらまたYナギさんが来てくれて、「当家の美味しいお水ならいくらでもご用意出来ますので!お屋敷の裏の井戸の美味しいお水です!今日は井戸が壊れてしまったので、わたくしが体に縄を巻いて汲んで参りました!」と。
なんかこの人微笑ましいんですけど(笑)。
あとメンバーズカードを返して貰う時に「もう少しでお嬢様のお名前をお呼びする事が出来ますね。わたくしも楽しみにしておりますので、是非お早いご帰宅を」と。
あー、あと2回くらいで「お名前」かぁ…。
…と、こう言う訳で「お出掛け後」の意見の一致があった訳です。

そして「お出掛けの時間」になり、「本日はこれからお誕生日のパーティー会場にお出掛けですから、少しお帰りが遅くなっても大目に見ましょう(笑)」と送り出されました。

青薔薇でお買い物して、ゲーセンでプリクラ撮って、武道館へいざ行かん!です。
posted by じゅん | 16:17 | 徒然 | comments(0) | - |
そうかえん!
去年11月の「自衛隊音楽まつり」で味をしめた…訳でもないんですが、気にはなっていたんです。
「そうかえん」こと「富士総合火力演習」!
折角県内なんだし、1回くらい行ってみたいなーと思って。

で、応募してみました。
「青少年券・駐車券付き」に、家族全員の名前を使って、3口。
したら、当たったんです、びっくり!


ちなみに当たったのは、母親名義で応募したヤツです。

だがしかし!
応募する段階で、そうかえんの日は、父親が「ある講師」の仕事が入ってて。
「でもまー当たらないだろ」と思ってたので、深く考えてなかったんだけど、当たってしまったので、さぁ大変!ですよ。

俺「ねぇ!!26日の総合火力演習、当たっちゃったんだけど!!」
父「だからその日は講師の仕事入ってるって前言っただろー」
俺「折角当たったんだよー!?誰か代わり居ないの!?」
父「んーまぁ一応聞いてみるけど…」

俺「ねぇ、講師の代わり、見付かった!?」
父「いや、まだ連絡無い」
俺「〜〜〜〜!!!」

みたいなやり取りを繰り返してたら、今日代役が見付かったって!
これでそうかえん行けるー!!
当日は朝、4時だか5時頃に家を出発して、7時には駐車場着くように行かないと!!
あ、ちなみにこの当選券、1枚で4人まで行けるので、うちは勿論、運転手要員で父親(爆)、珍しいから行きたい母親と、家族3人で行きます。
しかし母親は、ぽるのライブ@つま恋の音玉にすらびびって、悲鳴を上げて、うちに抱き付いて来たくらいなので、大丈夫なんだか…。
もう1人行けるけど、出発時間が時間なので、色々厳しいかも…。

父親は久しく使ってなかったカメラ持ってくって言うし(デジカメじゃないです、フィルム式んの)、うちもICレコーダー持って行こうかなー。
…録音もオッケー…だよな?
ビデオ撮ってる人いるみたいだし。

とにかく楽しみ!
自衛隊のお土産も買いたいなー♪

…しかし、そうかえんの2日後がぽるのライブ@しぞーかなんだよな…。
うち体力大丈夫かね…いや、ライブとなれば大丈夫!なはず!!
posted by じゅん | 02:51 | 徒然 | comments(0) | - |
東京に行って来ました、泊まりで
今から5月や6月のFCUWのネタを書くのは色々無理があるし、旬も過ぎてしまったので(?)、もうそれはすっ飛ばします。
同じ理由で野党の遊説も飛ばします、党首ごめん。

さて、7月31日から8月1日まで、ハルカちゃんと東京旅行に行って来ました。
一応メインと言うか、旅行のきっかけになったのはなおっさんのアコライブです。
FCエントリーの前から「アコライブあるんだけど行かんかね」と声掛けて、31日をエントリー。
ホントはなおっさん+てつろーくん+あべちゃんのトリオがうちら的には最高だったのですが、あべちゃんは福岡にしか参加しないそうなので…流石に九州には行けないしねぇ…。
ちなみに東京のメンバーはなおっさん+てつろーくん+ただーにゃ(ただすけ)でした。

まず高速バスで新宿まで行きまして、西新宿のホテル…京王プラザホテルにお泊りセットを預けて、池袋のお屋敷へ。
ちなみにハルカちゃんは初ご帰宅です。
ドアが開いて、「お帰りなしゃいませ!」と言われまして、「ん?」と思ったら、○島しゃんでした。
最近○島しゃんしか当たらないのは気のせいかしら。
フットマンさんは○まきさん(漢字一文字だと伏せようが無い…)。
案内された席は1番入り口から近いテーブル席。
そこからだと、○島しゃんがインカムであっちこっちに指示飛ばしてる様子が良く見えました。
○まきさんにメニューの紹介をしてもらって…「ヴィクトリアはボリュームがありますので」とか…何を頼もうかーとなったんですが、ハルカちゃんが若干パニクってたような…どれを頼めば良いのかと…まぁそこに「今月のデザートプレートは頼んだ方が良いよ!」とか言って、余計訳分かんなくさせたのは俺ですが。
あ、そう言えば○まきさんが、本日のデザートとかを度忘れしたようで「確認して参ります」と。
確認して戻って来た時には「毎日変わるものですから覚えるのが大変で(苦笑)」と言ってました、ですよねー。
で、注文ですが、うちはデザートプレート(7月のメニューがもう見れない…。汗)とサイドメニューでスコーン、紅茶はヘスティア、ハルカちゃんはヴィクトリア、スコーンはハニー、キッシュ(どれかは忘れました)、デザートプレートはうちとは別の方、紅茶はアルテミスを。
うちも久々に行ったので、「お嬢様はカップをお選び頂けますが」と言われたんですが「あれ?もうカップ選べましたっけ?」と聞き返してしまいました(ほら、殆ど毎回「お任せ」だし…)。
「わたくし何年もこちらでお勤めさせて頂いておりますから、どんなカップでも!(分かりますよ、と)」って言われたんですが、こっちは分からないので(爆)、また「お任せします」で。
次行ったら、エセックスコートあるか聞いてみようかなぁ、あれは結構好きかも。
そして運ばれて来た紅茶、とカップは、ハルカちゃんがウェッジウッドのプシュケ…またプシュケですよ!
うち行く度にプシュケ見てるような気がする…。
で、自分は…ウェッジウッドなのは確かなんだけど…写真見ると、レースピオニーだったような気がします。
「なに、また随分可愛らしいの選んできたなぁ」とその時思ったので。
紅茶は2人揃ってフレーバーティー、しかもクッキーとバニラのものだったので、物凄く甘い香りが(笑)。
ヘスティア、美味しかったんですけど、何か前よりちょっと渋いような…気がしたんですが。
渋いの苦手なんだよなーだからルフナにしなかったんだけど、まぁ飲めない渋さでもないし、美味しかったから良いんですけど。
そしてスコーン、ハルカちゃんはケーキスタンドにスコーンとキッシュ。
「どちらからお取りしますか?」と聞かれて、「え!?」みたいになってたのが何か可愛かった(笑)。
て言うか、お皿変えてもらうのも、フットマンさんにやってもらうんだよーと言うの忘れてた、すまん。
ちなみにコンフィチュールはクロテッドクリームとダージリンオレンジにしました。
いつもなら当然季節のコンフィチュールを頼むんだけど、今回はそれがブルーベリーとシナモンだったので…うちシナモンあんま得意じゃないんですよね…ブルーベリーは良いんだけど…なのでダージリンオレンジで。
相変わらずスコーンは美味でした。
ハルカちゃんにも好評だった…はず!
「家で作ると上手く出来ないんだよね」と。
確かに焼くまでは割と簡単だけど、焼き加減と言うか、焼き上がりの形がねえ。
うちは先にデザートをいただき、ハルカちゃんはキッシュ。
ラズベリー…じゃなかったはず、何だっけー、いや、ラズベリーか?のソルベは美味しかったです…硬かったけど!
あと何だっけー…1つはタルトと、もう1つが思いだせん…。
そのもう1つも美味しかったですが、タルトが完食出来ず…。
ハルカちゃんのデザートは確かに○まきさんが言ってたとおりボリュームありました。
グァバのソルベが3つもあって、ピンポン玉くらいのが。
そのソルベを「はい♪」と「あーん」で貰ったんですが、量が多いって!!
暫し冷たくて、ぬああ…ってなりました。
あ、そう言えば途中で○島しゃんに紅茶注いでもらったんだった。
あと伝票貰って、バッグを戻す時に「あぁ!Suicaのペンギンではありませんか!」とペンギンに喰い付いて来たフットマンさんが居まして、この方、確かまやちょんと行った時に担当だった人なんだよなー。
その時は名前思い出せなかったけど、○原さんでした。
「みんなペンギン大好きでございますからね〜」と燕尾服の裾をヒラヒラさせてたら、○島しゃんが「はい、別のペンギンが参りました!」つって、○原さんを追い払ったのが面白かった(笑)。
○島しゃん可愛いなぁ、家に欲しいなあ(爆)。
そこでお出掛けのお時間になりました。
9月は誕生月なので、また行こうかなぁ…。

さてそこからライブ会場の吉祥寺まで移動。
物販があるはずなんだけど、何もやってる気配がないので、「どーしよー?」と会場前でうだうだしてたら、なんと会場入りをするなおっさんとてつろーくんの(後ろ)姿が!!
流石に大声はあげませんでしたが、微妙〜〜に大きな…中くらいの声で「なおとさーん!てつろーくーん!」と呼んで見たけど、気付いて貰えませんでした(笑)。
その後はファミレスとかで時間潰して、開場15分前くらいに会場に戻ったんですが、整理番号記載してあるメールを持って来る(?)か、それをプリントアウトしたのを持って来るように、との事だったのに、会場前でそれを見せて、紙チケットに交換してました。

で、アコライブのお約束で、「会場を出たらアコライブの内容は忘れなければいけない」ので、内容は書けません、ハイ。

開演が19時半で、終わったのは22時半くらいかなぁ(これくらいは良いだろう!)。
そこから新宿へ移動して、居酒屋ロックアップへ移動。

続きは後で。
posted by じゅん | 18:42 | 徒然 | comments(0) | - |
溜まりゆくネタ
ネタはあるけど、書く気力が無いと言うか何と言うか。
書きたいんですけど。
FCUW4の大阪公演、名古屋公演、野党@AX…あと通院日記とかねぇ。

あー病院日記だけ書くかなぁ、6月28日のP科。

…民剤.inしてるせいで無理そう…。
posted by じゅん | 03:17 | 徒然 | comments(0) | - |
久々皮膚科、約1年ぶり
救急で言われた通り、皮膚科に行って来ました。
元々近々行こうと思ってたので、まぁ良いタイミングです。

診察室に入って、とりあえず近々行こうと思ってた方を訴え。
…皮膚科の主治医との会話は文章にしにくいので、なんだ、あの、台本みたいに書きます。

俺「えーと、今日は2つお話って言うか、あるんですけど、まず1つ目は、何か鼻の横が赤い気がする…あとおでこも赤いし乾燥しやすいんですけど」
医「うーん、顔の他の部分は綺麗になって来てるけど、そこだけまだ『残ってる』感じなのかなー。気になると余計触ったりしちゃうんじゃない?それも良くないんだよねぇ。ただこう言うのは塗り薬は良くないんだよなー。弱いと全く効かないし、強いと乾燥が酷くなっちゃうしねー。飲み薬でどうにかなるかなぁ、って感じだなぁ。どうする?」
俺「飲み薬ー…うーん……漢方じゃなければ試しに飲んでみます」
医「こう言う場合は漢方じゃない方が良いから、大丈夫だよ。えー、○○(薬剤名)は前飲んで効いたっけ?」
俺「あー、多分あんま変化が無かった気がする…」
医「じゃあ△△は?」
俺「えーと、それはついこの前処方されたけど(おくすり手帳を見ながら)、やぱり似たような感じだったはずです」
医「うーん……じゃあ☆☆は?」
俺「えー…それは最近は出されていないようです」
医「じゃあこれにしましょう。症状そんな酷くないから通常の半分の量で良いかな…朝1回ね」
俺「朝?…朝飲み忘れたら昼でも良いすか?」
医「それで良いですよ。1日1回ってだけで、別に飲むタイミングはそんな重要じゃないから。効果が24時間続くから、朝飲めば昼頃に効いて来るかなー、って事だから」
俺「なるほど」
医(カルテに書き込み)
俺「凄い何も関係ない事なんですけど、うち前来たのいつ頃ですか?」
医「えーとね、去年の6月13日だね。丁度1年ぶり」
俺「あ、去年来たのか。何か2、3年来てない気がしてた」
医「(笑)」

俺「で、2つ目なんですけど、これは皮膚科に掛かれと言われたので受診したんです。(腕まくって包帯指差して)これ」
医「…何、どうしたの?」
俺「縫ったんです」
医「縫った!?」
俺「切っちゃったので、救急で病院掛かったら、縫われたんです。で、救急の先生が、皮膚科か整形で見てもらって、抜糸のスケジュールを立ててください、って」
医「あー。縫ったのいつ?」
俺「日曜日。昨日」
医「なら包帯はまた1回も取ってないままだね?」
俺「取ってないです」
医「じゃあちょっと取って、診せて貰いますねー。…ははぁ、これ何(なに)で切ったの?」
俺「カッター!(キリッ)」
医「カッターかー。とりあえず消毒しよう」
俺「あ!うちそう言えば縫った状態見たの初めてだ。記念に写真撮って良い?診察室内って撮影禁止?」←ばか
医「写真!?跡残ると思うし、消毒の後に透明の保護シート貼るからいつでも見れるよ?いや別に撮っても良いけど」
俺「あ、透明のシート貼るの?でもちょっと撮りたいから撮りまーす」
医「はい。じゃあ消毒するよー」
俺「(消毒されつつ)あのー、この縫合って、先生からどう?見て上手い方?(爆)」
医「んーーーーーーーーーーー…………ふ…ふ、つうかなぁ(苦笑)。まぁ形成外科とか傷を残さない事を重要とする科だと、やり直し!って言われるね、これだと(笑)」
俺「あー…………(やっぱり上手くないよな、これは…)」
医「うーん、もう1回消毒しとくか」
俺「うわっ!何か端っこからでろーって出てる!」
医「ああ、それは血が固まりかけたヤツ」
俺「え、あー、血なのか…」
医「はい、じゃあ保護シート貼ります。これお風呂とか水につけても大丈夫だからね」
俺「ほぉ〜…(しげしげと眺める)」
医「透明だから、もし腫れて来たり、何かおかしいと思ったら受診してね。もし剥がれちゃったら、直接ガーゼ貼っておくか、受診してね。消毒はしない方がかえって良いから。あと傷が見えるのがイヤだったら、その上から包帯巻いたりしても良いから」
俺「はーい」
医「で、抜糸だけど、これ2回縫った?1回だけ?」
俺「は!?」
医「えーと、深いところを1回縫って、表面の方をもう1回縫ったりもするんだけど、どうだった?」
俺「うーん、縫うところ見てたけど、多分1回だと…。何回縫ったとか言われなかったし…」
医「じゃあ1回かなぁ」
俺「縫う回数って傷の深さに関係あるもん?」
医「まぁあるかな」
俺「傷の深さは3ミリくらいって言ってたけど…」
医「なら1回かなぁ。1回なら1週間後に抜糸しましょうか。来週の月曜日。あんまり日が経つと糸抜けなくなっちゃうから」
俺「じゃあ来週の月曜日に来ますー」

そして何故か唐突に始まる縫合の講義。

医「(図を描きながら)皮膚切った場合って、こう言う状態でね、さっき言った形成外科とかだと、こう皮膚を合わせて、深いところここで1回縫って、表面、表皮ね、そこをまた縫うわけ」
俺「ほぉ」
医「で、じゅんさんの場合は、うーん、これだと分かりにくいかな、絵難しいなー(苦笑)。こんな感じで表皮を縫ってるの。だから、ここの部分皮膚の下にちょっと空洞が出来て、血液が溜まるんだよね」
俺「空洞!?空洞出来てんすか!!!ここ!!!!」
医「(爆笑寸前)あああ、空洞って言っても0.1ミリとか、そう言う単位の話だから大丈夫だよ(笑)」
俺「ああ…0.1ミリとかですか……びびった……(汗)」
医「あははははは。で、さっきの縫合を見ると、傷の端っこがちょっとはねちゃってるんだよね」
俺「形成だとやり直しですか」
医「だねー(笑)。でも傷の場所とか傷の方向、あと切ったもの(カッターのこと)から考えると、比較的跡は残りにくい場所なんだよ」
俺「そうなんすか?スパッと切れてる方がくっつきやすいとか?これが縦の傷だったらくっ付きにくかったとか?」
医「そうそう」
俺「なるほどー…」
医「はい、じゃあまぁそんな感じで。月曜日にまた来てくださいねー」
俺「はーい。ありがとうございました」
医「お大事にね〜」

以上、約15分!
次の患者さん居るのに、何故縫合の講義が始まったのか、謎です!(皮膚科の主治医は結構な不思議ちゃんである)
これほぼ実話そのままですからね。
たま〜に看護師さんが後ろに居る時とか、うちとせんせーの会話に看護師さんが噴き出したりするもん(爆)。

と言う事で、月曜、野党遊説@名古屋の前日に抜糸です。
あーシート貼ってあるから普通にお風呂入れるのはありがたい。
昨日は左肘までスーパーの袋に入れて、輪ゴムはめて風呂入ったからな…大変だった…(遠い目)。
posted by じゅん | 21:20 | 徒然 | comments(0) | - |
2年目のAED講習
受けて来たよーAED講習。
昨日F1の予選見る為に変な時間に起きちゃって、結局6時まで起きてて、その後うとうとしちゃって、「今眠ったらすっごい気持ち良いだろうな〜」って思ってたら、そろそろ支度をしないと間に合わない時間になってしまいまして。
寝たい…けどまぁ講習も行けば為になるし、少しは楽しいだろうし、何より講師は実行委員のあのおじーちゃんだから行かない訳には…!と頑張って行きました。

受付には、ちょっと仲良くなれたかな?って感じの実行委員のおねーさん。
受講料を渡したら(ちなみに200円)、「あっ、かみさかさーん!これね、ロフトでやってた時の行った?見つけたから、プレゼント☆」と、アランジのワルモノのステッカーをくれました!びっくり!
アランジキャラバンが来てた時におねーさんも丁度見かけたらしいです。
うちもキャラバンには行ったけど、ステッカーは買わなかったので…。
と言うか、まさかプライベートで見つけて、「凄いいっぱい種類あったんだけど、手帳(ワルモノ)のキャラクターで、かみさかさん音楽とかライブ好きって言ってたから、これにしたんだー」と。
「やー!うそ、ホントに嬉しいですー!ありがとうございます!手帳の他のキャラのステッカーも貼ってあるんで、その隣に貼ります!やー嬉しい!」とはしゃいでしまいました、はは。
そのステッカーは、これ。


左のコトリ(子捕り)は前キャラバンじゃなくて普通に売ってる時に買ったヤツ…多分。
その横に貼らせて貰いました!
あー何か嬉しい、まじで。

そんな感じで講習スタート。
一次救命のガイドラインが2010年に変わったそうで、今回は去年とは微妙に内容が違いました。
胸骨圧迫と人工呼吸は今までセットだったけど、新ガイドラインでは、人工呼吸に関しては訓練を受けていなくて自信が無い場合とか、ぶっちゃけ他人の口にじかに触りたくない(やる意思がない)場合は、胸骨圧迫のみで良いそうです。
とにかく胸骨圧迫を続ける事が大事で、素人(訓練を受けてない人、やり方を良く分かってない人)がやっても肺までちゃんと空気が入らない可能性があるので、そんな曖昧な人工呼吸をして胸骨圧迫をその間に止めてしまうのは、救命率を下げる結果になってしまう可能性があるとかナントカ。
とにかく胸骨圧迫が最優先だそうです。
詳しくはwikiの「一次救命処置」を参照。
ま、今回は去年に比べて一次救命についての実技が多かったです。
そのせいで、うちの手のひらに内出血が…(爆)。
練習用のボディは、AEDを使う時に服を脱がせやすいようにファスナーの付いたパーカーのようなモノを着てるんですが、そのファスナーが手のひらに当たりまくって内出血が…(痛)。

まぁそんな感じでした。
万一に備えて、手順は覚えておいて損はないからな、うん。

ところで、体位を変えるのもやったんですが…ちょっと、あの、体格の合う人と組ませて欲しかったなぁ(遠い目)。
うち、自分で言いたく無いですけど、結構細身だと思うんですが、相手はオブラートに包んで「ふくよか」な女性で…動かせないんですよ…幸い、まぁ練習なので相手の方も自分からちょっと動いてくれたりしましたけど…。
講習中に受講者が怪我でもしたらどうするー!!(叫)

まぁそれもどうでも良いですけど、今年もそう言う場面には出来れば出くわしたくないのが本音です。
だーって、「人が倒れてる!意識が無い!誰か手伝って貰えますかー!!」って叫んだところで、このご時世、野次馬は携帯で写真撮ってるんですよ?
手伝ってくれる人が居るのか?と正直思います。
AED使う事になったって、何をして良いか分からなくて周りに居るだけならまだしも、写メとか撮ってるような連中には、AEDで電流流す時に「危ないから離れてください!」とか言いたくないもん。
緊急事態に、野次馬で「なになに?何かあったの?うわ、やべーじゃん(笑)」とか言って何もしない連中や、写メ撮ったり、ついったでpostしてるような連中は、感電してしまえ、とか思います。
ま、非常時には、少しでも手伝えそうな事があったら、するようにしたい、うちは。
posted by じゅん | 03:06 | 徒然 | comments(0) | - |