Search this site
If you wish , I dive in the sea and become a breathing-free diver.
<< 結果 | TOP | 流行もの >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
(軽)ヴァイオリンを作ってきた!
遡る事昨年末、πさんのブログでSBS学苑で「軽ヴァイオリンを作ろう」と言う講座がある事を知りまして、「うちも行きたいっす!」と追っ掛け申し込みしました。

ていうかヴァイオリンてそんな数時間で出来るのか?
1日講座にしては料金高いけど、ヴァイオリンの価格と思ったら価格破壊も良いところです。

そして本日その講座だったのですが。
10時開始だったのに、起きたら9時25分だったぜ(爆死)。
ぎゃああああ!!とリアルに叫びつつ支度して、9時57分だかにしぞーか駅に着いて、エレベーターに駆け込み、(πさんに後で聞いたところ)2、3分の遅刻。
作業始めてなくて良かった…。

確か、最初はネックの裏側を小刀で削ったのかな。
深さとかはあらかじめ切り込みの印があったんだけど、ざっくり逝ったらイヤだなぁ(手も木も)と思ってやってたら、講師のおいちゃんが「これくらいやって良いよー」と一気に削ったのでびっくり。
それをやりつつ、表板の切り出し…これもほぼ切れているヤツを部分的にノコギリで切っただけなんですが、これも良く言えば慎重にやってたら、講師のおいちゃんが手伝ってくれたんですが、思い切ってやったせいで、端が折れた(爆)。
そこは接着剤で直して貰いました。
次、側板を接着剤でくっ付ける。
接着剤を付けすぎると音が悪くなる?とか聞いたので、付けすぎないようにやってたんですが、作業の終盤の方で「こんなに接着剤残ってる人、今までで始めて」とか言われました。
「まぁちゃんとくっ付いてるなら良いんだけどね」と加えられたので「くっ付いてはいると思うんですけど…貧乏性なので」と返しときました(爆)。
側面の板は、まぁ良く曲がる板で、接着剤を付けた後1分半くらい「祈りながら」固定。
しかしボディの板の上に側面の板を立てて、それに接着剤を付けるって結構大変。
したら、隣のおにーさんが「支えてましょうか?」と声掛けてくれたので、お願いしました。
ボールペンも貸してくれたりで、おにーさんホントにありがとう。

…昼休憩のタイミングが分からん、どの作業までやってから行ったんだっけ。
πさんとご一緒しました。

側板をくっ付けて、内部に4本棒…柱?と、昆虫、じゃねえ魂柱を立てて(接着して)、今度は表板を貼り付け。
お弁当箱の蓋を閉めるみたいな(中身ほぼ空ですが)。
これがね、結構な左右非対称になってて、接着した後に「ああー!」ってなりました。
そんで多分ネックを接着剤とねじで固定。
指板を貼り付けて、ブリッジを付ける訳ですが、指板の高さが人それぞれなので、その高さx2−9…だっけ!?(πさんのご記憶では、高さx2-12だそーです)
完全に式を忘れましたが、みんな暗算してるところを、うちは携帯の計算機でやってたので、πさんに盛大に突っ込まれました。
だって暗算出来んもん!!!
そしてテールピースから弦を通していきます。
おお、これがなおっさんがJCBで切ったE弦ですか。
ちなみに軽ヴァイオリン、糸巻きは完全に飾りで、ナットに弦を巻きました。
そしていざ調弦ですが、難しい!!
コンポからソレラミが流れてるんですが、そもそもどんくらいまで引っ張っちゃって良いのか…。
出来上がり品(?)を触ってみたら、かなり張ってたので、それくらいなのかーと思いつつ、E弦とA弦もちょっとはそれらしくなった気がしましたが、講師のおいちゃんに後はお願いしました。
調弦の後に、フレットに印になるシールを貼ったんですが、「これ弦張る前にシール貼った方が良いんじゃないの!?」とガチで思いました…。
しかし目印が無いと初心者には弾くの無理だわ、ヴァイオリンは。

それで一応完成かな?
弓は講師のおいちゃんが作ったのを貰いました。
松脂を塗り、最終目標(?)「きらきら星」の演奏です。
絶対「ギギギギギ…」とか音出るだろ、と思ってたら、開放弦は意外にもすんなり「ヴァイオリンの音」がしたので、逆に「あれ?」と思ったり…。
弦を押さえて弾くとなると一気に「何!?何処!?」ってテンパりましたが。
運指が難しいです、ピアノみたいに順番にならんでる訳じゃないし。
そんな感じで全員音は出せるようになったところで、合奏しましたが、うちも含めてリズムが無茶苦茶です、合ってない(苦笑)。
みんないっぱいいっぱいな感じでした。
そりゃねー!

演奏出来たところで、講座は終了になりました。
時間、予定より15分くらい長かったです。
ケースは流石に用意してくれなかったんで(笑)、市指定のゴミ袋に、「出来上がったばっかりなのにゴミ袋でごめんねぇぇぇええ!!!」と謝りつつ、PのOMCバッグに詰めて行きました。

講座後にもπさんと茶ぁしばきつつ、音楽談義。
πさんと2人で出掛けたりするの初めてだったので、記念ついーとしたり(笑)。

そんな感じでー。
家に帰ってから弾いてみました。
ヒーターの上で寝てたプーチン様が逃げました(爆)。
結局諦めたように戻って来ましたけど。
「何か変わったもの持ってる」と気付いたらしく、2本足で立って触りたがってました、可愛いです(ばか)。
意外に外には音漏れしないみたいだし、昼間なら文句言う人居ないので、「きらきら星」はきらきら弾けるように頑張るぞー!(きらきら?)

あ、出来上がった「軽ヴァイオリン」はこちら。
(「軽」は「軽自動車」の「軽」みたいなもんだそーです)


白いですね、色塗ってないからなー。
材質も、何だっけ、桐?
本体の画像で言うと左のfのところが白いですが、これは中に作った日にちと作った人の名前を書いたシールが貼ってあるからです。

やー楽器弾けると面白いですね、下手だけど、下手ですけど。
面白い講座をご紹介頂きましたπさんありがとうございました!&今日はお世話になりましたです!



>>πさん
いえいえいえいえこちらこそお世話になりました!
何よりこの講座があると教えてくれたのはπさんですし!ありがとうございました!
あれ、計算する時にうちが先に突っ込んだんでしたっけ!?(素で忘れていた…)
それは失礼しました…あうあうあ。
プーチンさんは決まった場所以外で爪とぎはしないんで、それは多分大丈夫なんですが、噛み癖があるので、噛まれる方が心配です(汗)。
講師のおいちゃんのサイトにあったように、段ボールでケース作ろうかなーと結構真剣に思ってます(笑)。
あと、講座中に既に倒れそうだった駒(ブリッジ)が倒れて、再調弦する羽目にいきなりなりました(白目)。
posted by じゅん | 22:12 | 音楽 | comments(1) | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 22:12 | - | - | - |
コメント
こちらこそお付き合いいただきましてありがとうございました&お疲れ様でした♪
駒の計算式は確か「指板の高さ×2−12」だったような記憶がございます。
というかじゅんタンが計算する前にスマホの電卓で計算をおっぱじめてアナタに盛大に突っ込まれたのはおいらですが(爆)

あ、ぬこ様が盛大に興味をお持ちのようですが、爪とがれないように気をつけてくださいw

2012/01/23 00:56 by π(ぱい)
コメントする